税金の種類とはどのようなものでしょう

0

    毎年4、5月は税金を払う時期です。かなりこの時期は家計を圧迫します。

    そんななか、税金は払え、税金払えと沢山納付の帳票が送られてきます。

    それでは、この税金ってどのくらい種類があるのでしょうか?

    税金どろぼうのイラスト

     

     

    税金を知ることで、自分がどの税金を払う必要があるか知ることになり、かなり役に立ちます。

    税金は、大きく4つの種類があります。

    1.国税

      国に納める税金

    2.地方税

      県や市町村を対象にして納める税金

    3.市税

      市民税や固定資産税など

    4.消費税(国税)

      

    大きく分けるとこんな感じです。

    国税をもっと分けると20種類もの税金の種類があります。

    一番身近なものは、消費税です。

    それ以外に所得税、相続税、贈与税などが国税です。

    つぎに、県税の種類には、自動車税、県民税、ゴルフ場利用税といった種類がある。

    全部で15種類あるんだそうだ。

     

    次に

    市税ですが、市民税、固定資産税、軽自動車税などがある。

    市民税とはその場に住んでいる人が所得の金額に

    応じて納税の義務が科せられます。

    県民税と一緒に住民税という呼び方をしている場合もあります。

    このように税金はいろいろあります。

    毎年課税されるもの、一時的に課税されるものなどいろいろあるんです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM