SOHO・在宅ワークの初期費用が必要なわけがない。

0

    SOHO在宅ワークの種類はどのくらいあるの?

    梱包作業やシール貼りといった単純作業。データ入力やアンケートモニター。

    パソコン・スマホを使ったものも現在では主流です。

    未経験OKな軽作業、webデザインやプログラミングまで、

    在宅ワーク・内職だけでも様々なお仕事の求人が出ているんだ。

    嘘つきのイラスト

    それではSOHO在宅ワークを始めるにあたっての初期費用はいくらかかるの?

    初期費用が必要な業者とか会社があるんです。

    お金を稼ぐはずなのに、お金を取られてしまうんです。

    そんな業者いるんです。

    SOHO在宅ワークで初期費用が掛かる業者は辞めたほうがいいです。

    ブラックと思って間違いない。

    この手の業者は、まず登録料と教材で50万円くらい要求してきます。

    そして

    業者が指定する教材を使って、これからSOHO在宅ワークの仕事に慣れる勉強をします。

    そして勉強が終了すれば仕事に入ります。

    仕事の受注は2回ほどで、その後は仕事無しの状態となってきます。

    そしてとうとう連絡もつかなくなり、時には業者が倒産して報酬もなくなることもあります。

    そうならないよう

    SOHO在宅ワークを始めるにあたって、初期費用がかからない業者を選ぶことが大事なポイントです。

    働くのに仕事を回してもらうための勉強にお金がかかるのはおかしい。

    SOHO在宅ワークの初期費用を取る悪徳業者のトラブルはあとを絶たないようだ。

     

    十分に注意しましょう。気をつけるべきだ。

    在宅ワークを探すなら


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM