中国とアメリカの貿易戦争

0

    盗み取った情報でIT大国になろうとしている中国。

    それを阻止しようとするアメリカ。

    そのはざまでGDPも30年伸び悩みの日本。

    アメリカの圧力によって日本は30年前GDPが頭打ちになった。

    韓国や中国に技術を持って行かれた日本。

    そして彼らの部品メーカーとなった日本。

    最終assyは日本で行われず

    韓国や中国で組み立てている。

    この流れを止めないと

    不正な方法でIT立国になった中国。

     

    そして世界の情報の指導権をとれる寸前までになってきた。

    5Gを制するのは目の前だ。

    沢山の盗んだ情報により特許を5Gで申請している。

    パテントペンディングの状態だ。

    そのままペンディング、保留になってもらいたい。

    まだ特許は取れてない。

    日本は5Gは蚊帳の外。

    中国の部品メーカーになり下がった日本など、

    もう失うものなど何もない。

    アメリカと結託して中国に対抗すべきだ。

    中国がアメリカから輸入してるものは5000億ドル、アメリカが中国から輸入が1300億ドルで

    関税掛け合えば確実に中国が参ってくる。

     

    近平もこの責任を取らされ失脚間違いない。

    またトランプ大統領の再選はないと中国は踏んでいるだろうが

    民主党に勝てる候補が出て来ない。

     

    何という事かトランプは再選の可能性が強い。

    またこの貿易戦争もトランプだけがやっているわけではない。

    共和党が一丸になってやっているように見える。

    いわば、アメリカの国策でやってる。

     

    大統領が変わってもこの制裁は消えないと思う。

     

    しかしながら日本国歌はいいな。

    もう一つ木村カエラ独唱日本ダービー

     

     

    ところで、5月25日から来日してるトランプさんは

    何しに日本に来たのか?

    共同声明もなし

    ゴルフと相撲見学はやる。

    なんとなく金正恩委員長とロシアのプーチン大統領の会談に近い。

    要はジェスチャーだ。

    ただのジェスチャーみたいですね。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM