ポスティモ(門柱ポスト)を自分で施工する

0

    以前から設置を考えていたポストをこの9連休の盆休みで施工しました。

     

     

    完成まで8月10に始まり、本日8月14日で終了。

    このようにポスティモブラックが立つ。

     

    施工時の問題点があったので備忘録とする。

     

    手順により

    本体のボックス、柱が大きく部品としてある。

     

    〇本体にスペーサー取り付け

    本体に柱に取り付けるスペーサーというダイキャスト品をつける。

    これは、簡単につかない。

    スペーサーはねじ切りしてないので

    電動ドライバーで回すと、+のねじ山が潰れる。

    4か所つけるのだが、2か所ねじ山潰す。

    よってねじを購入しないといけなくなった。

    YKKAPの施工説明書にはこの記述はない。

    ねじにゴムのワッシャーがついている。

    これが防水になるようだ。新しくステンレス製のなべこのねじが大きいものを4Φ10个鰺儖佞

    ゴムのワッシャーを入れ替え作業する。

    なお4Φ10mmは6本で120円くらいで買える。

    処置として

    ねじ切りをする。

    ダイキャストのスペーサーに2か所、穴にねじをあてドライバーで回してねじを作る。

    ねじ切りは最後の1つか2つの分を残し終わる。

    これを本体4か所に付ける。

    電ドラで回すより手動がいい。これが結構時間がかかる。

    本体4か所に事前にねじ切りすればたやすくねじ止めできる。

     

    〇スペーサー付きの本体を柱に付ける

    これも事前に4か所の柱にねじ切り(ねじを通す)をしておく。

    これにより本体スペーサー付きを柱に固定する。

    このねじ止めも手動でやったほうがいい。

    電ドラでまわす速度が加減できればいいが

    慣れてない人は手動でねじ山をキャッチできるドライバーでやるべき。

     

    〇柱を取り付ける穴掘り

    アンカーピンが20cmあるので、20cmx10cmx30cmの穴を2か所

    柱のガイドスペーサー(段ボール製)に合わせて掘る。

    ほぼ立方体で作るようにする。

    土が崩れたりして完全は無理なので几帳面に立方体にすることはない。

    6000立方cmが二つ12000立方cmの空間ができる。

     

    〇支の柱で本体柱を固定する

    本体柱を固定し、支えの角材を取り付ける。

    水準器で平面をだし、支えで固定する。

     

    〇セメントを流す

    速乾セメント4kg(2025立方cm)700円する。これを6袋で12150立方cm分。

    直ぐ乾くので一気にセメントを流す。

     

    1時間もすれば完全に乾くが、2日間そのまま乾かした。

     

    以上がポスティモの施工です。

     

    YKKAPの施工説明書では組み立て出来ないので

    この忘備録を読んで

    施工するとうまくいきます。

    がんばって。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM